トップページ 新着情報 製品 TIPS Q&A 個人情報 ダウンロード 開発室から 思い出のアルバムより





























DCC ラボラトリの Web Site にようこそ
DCC ラボラトリは、最新鋭のテクノロジーを駆使したZIMO社のシステムをお届けします。    

ZIMO社の概要

  • 1977 年に発表した ZIMO 社の鉄道模型制御システムは、卓上での運転、レイアウトでの運転に拘わらず強力なコマンドステーション、使いやすいキャブを器を目指した DCC システムあり、当時入手できる電子を可能な限り使用したデコーダーは、完全に総合的な鉄道模型の制御システムを経験豊富なモデラーに提供してきました。
    あなたのコンピュータのCentralized Traffic Controlシステム。
    ZIMO社の DCC は、DCCシステムの間で「キャデラック」としばしば呼ばれる。
    ZIMO社はたとえば、高周波駆動または双方向性コミュニケーションのような新機能を競合他社の数年前に開発してきました。
    多くのモデラーは、ZIMOデコーダーを世界最高といいます。
    より多くを製品に期待するモデラーのために、ZIMO電車制御システムは開発された。
    いかなるレイアウトでも、さらなる特徴や機能を要求されます。
    ZIMO社のデコーダーは、最も小さなレイアウトを持つモデラーさえをターゲットとしています
    いかなるDCCシステム(それが互換性を持つDCCであるならば)稼働し、機関車メーカーによって設置されるデコーダーの代替え品として推奨されている。
    ZIMOデコーダーの、定価付はまさしく競争的であり、優れた駆動特性を提供する。

    1979 年から2009 までの出来事:
    1979 年
    最初のZIMO Digitalシステム(BGT-1、FP-2、FZE-2)が、市場投入
    初のデコーダーの寸法は 45×30×20mm でした。
    同時に、他の一社の製品が市場に投入されました。
    イギリスの業者によるシステムは、16 本の列車の制御が可能で、スピードステップは、6 でした。
    一方、ZIMO 社では、比較として、99 本の列車の制御が可能でとスピードステップ 16 のシステムの設計されてほとんど終わっていました。
    1980 年
    初めて、複数本の列車の運行は電車安全管理システムと結合されました。そして、それは後で「信号による速度制御」という名前をつけられた。
    それは、今日までZIMOシステムの際立つ特徴の一つです。
    1980 年
    また、同じ年には、負荷補償(BEMF)のためのアドオン・モジュールが、すでに開発された。
    ただ、その大きさの故、それがラージスケールの機関車で使うことができるだけだった。
    1981 年
    新世代の ZIMO ZIMOシステムとして M100、M200、M400 が投入され、同時に投入された M500 制御ユニットはブロック制御、進路設定、駅への列車の据え付け、発車などを CTC パネルの押しボタンで行うプロトタイプとなりました。
    1984 年
    ZIMOは、最初のマイクロプロセッサ制御のキャブ M210 を市場に投入。
    5 台までの機関車のアドレスと編成の記憶が可能となりました。
    同時に EPROM の交換という簡単な操作によりにより、アップグレードが可能となりました。
    1987 年
    ZIMO は、以降 12 年間他のメーカーがなし得なかった列車番号を認識するシステムを開発。
    1989 年
    高周波駆動(20kHz)をもつMX41デコーダーの導入で、無音の負荷補正(BEMF)と結合する世界初のデコーダーは、現実された。
    1990 年
    Computer-Software「STP」(E. Sperrerソフトウェア開発)の開発
    実物の鉄道に CTC が導入され、パーソナコンピュータがすべての安全面の責任を引き継ぐことができた。
    STP の投入は、他のDCCシステムのソフト製品ときわどい対比を見せるようになりました。
    1992 年
    より小さいコマンドステーション、赤外線キャブ、アクセサリー・デコーダーと小型化されたデコーダが開発されて、市場に導入された。 伝統的な技術をもとに、自由な発想で新製品を開発しました。新しいライフスタイルをご提案します。